重力があるからこそ物は落ちます。詳しい原理はわからなくてもなんとなくはわかるでしょう。手からものを落とせばどんどん下に落ちていきます。何かにつながっている場合は下に落ちることはありませんがどんどん下がっていくことがあります。顔の頬肉などに脂肪がたまる場合があります。すると重みが出てきます。重力の力で落ちてくるとそれがたるみになることがあります。それらによってできたしわを解消する方法としてフェイスリフトがあります。皮膚を糸などで引っ張り上げる方法です。一口にフェイスリフトと言っても方法は様々です。もっとも軽微なものとして皮膚のみを引っ張るタイプがあります。腫れにくいので良いとされますが効果は少ないとされます。筋肉の部分も含めて行うタイプは腫れが残りますがしっかりと引き揚げてくれるので効果も出やすくなります。

フェイスリフトには切るタイプと切らないタイプ

美容整形手術と言えば体にメスを入れることが知られています。そのために抵抗を感じる人もいるようです。親からもらった体にメスを入れてまで美しくなりたいかです。もちろん選択は自由です。美しくなりたいなら切ってもらうこともあるでしょう。最近の美容整形では切らない手法も多く出てきています。つまりはメスを入れずに、傷などを作らずに行うことができます。フェイスリフトは基本的にはメスを使います。たるんだ皮膚の部分を切り、その部分を引っ張り上げて縫合することで手術は終わります。メスを使わない切らないタイプの場合は糸などで引っ張り上げるのみです。引っ張り上げる部分は髪の毛の生え際などになるので手術をした部分が見えることはありません。自分では少しわかることがあっても他人が見てもほとんどわからないようにしてくれます。整形しているのに気づかれにくいです。

フェイスリフト手術をするとき仕事復帰の日数

病院で手術を受けて治療をすることがあります。簡易なものは日帰りで行えるようになっています。次の日から仕事ができることもあります。しかし通常は数日の入院が必要になります。退院をしたとにもしばらく復帰までに時間がかかることがあります。フェイスリフト手術をした時に仕事復帰までにどれくらいの日数が必要になるかです。糸で引っ張るだけのタイプなら特に傷がつくわけではありません。ですから次の日から仕事ができる場合があります。痛みはありませんが、多少違和感を感じることがあります。切ったうえで縫合する場合には傷ができます。傷は生え際などなるので傷跡などはわかりません。ただし腫れます。人によって異なりますが、5日から1週間ぐらいは腫れるとされています。またガーゼなどをつけることもあるので、その期間は仕事をすることができないかもしれません。