病気の治療では入院よりも通院の方が負担が減ります。これは病院にとっても同じことです。できれば入院せずに通院をしてほしいと考えているでしょう。ですから不要な入院はしないようになっています。病気や治療方法によって入院、通院が必要かが決められます。フェイスリフト手術をするときには入院をする必要があるかです。切って縫合することから大きな手術になります。5時間ぐらいかかることもあり負担も大きいです。でも基本的には入院は不要です。術後に様子を見るために休憩が必要になりますが、入院するほどではありません。術後に重要になってくるのが通院です。まずは抜糸のための通院があります。縫合が完了した時に行われます。その他に定期的に行われる通院があります。少しずつ形が整っていきますが、その時に問題があれば伝えて対処してもらいます。それを確認するために通院をします。

フェイスリフトによってしわやたるみを取る

洋服などを洗濯した時にしわができることがあります。あまりきれいな状態でないのできれいに伸ばしたい場合があります。洋服であれば横などに伸ばすことできれいにしわを取ることができます。そのあとはもとに戻ることはありません。顔も高齢化によってしわができたりたるみができたりします。この時に行うのがフェイスリフトです。服を伸ばすのと同様に皮膚を引っ張ります。しわやたるみの場合は皮膚などに余分な部分ができています。ただ引っ張るだけだと引っ張った部分に余りができます。そこで不要な部分を切り取ります。そして縫合をします。余分な脂肪などが無くなるのできれいに伸びた状態になります。従来は余分な部分を切って縫合する方法が主流でしたが、簡単な処理で良いときは糸で引っ張るだけのこともあります。それほどたるみがひどくないときにはこちらを利用します。

フェイスリフトで猿のような額のしわをなくす

人間に近い動物として知られるのがサルです。日本ではニホンザルが良く知られ野生のものもいるとされます。近いといっても言葉を話せるわけではなく、知能としても人間とはかなり差があるとされます。体毛が全身に合ったり大きな違いもあります。その猿の特徴の一つに額のしわがあります。若い人の場合はあまり見られませんが、高齢になって来たり、皮膚の状態によってはしわができている人がいます。普段は出ていないけども表情を変えた時に出ることもあり猿顔と言われることがあるようです。それを解消することができる方法にフェイスリフトがあります。しわの原因はこの部分に余分な皮膚があることが挙げられます。余分な皮膚を取り除いて縫い合わせることによってしわをなくすことができます。髪の毛の生え際などで縫い合わせをするので傷が目立つことはありません。